定年退職記念品贈答のマナー「水引」と「上書き」

定年退職記念品贈答のマナー「水引」と「上書き」

定年退職時に贈るその記念品につける「水引」はどうしたらよいでしょう?

参考URLがありますので、参照してみてください。


【蝶結び(花結び)とする説】

http://www.netdear.com/advice/03.html#7
http://www1.beam.ne.jp/kuchikomi/manner/na/noshi2.html#retire


【結びきり(ひき結び)とする説】

http://www.shaddy.co.jp/jiten/kan/keiji/syoushin_content.html


「結びきり」というのは、特別な場合に使われるもので「繰り返しあってはならない」時に使われます。

具体的に言うと、「結婚」「病気」「災害」「弔事」などがあたります。

では、定年退職についてはどうかというと、通常は二度とないことのはずなので結びきりでもいいと思いますが、実際には定年後も嘱託など完全にリタイアしない方も多いので、「蝶(花)結び」でもいいという考え方もあります。

もし迷ったら「蝶結び(花結び)」をおすすめします。

一応「結びきり」でもどちらでも間違いではないという事だけ参考になさってください。

のしに書く上書きは、「御定年御祝」または「御餞別」が良いと思います。

また、その下の通常「氏名」を書く欄ですが、3人くらいで贈る場合は3名連名で書いても良いと思いますが、それ以上になると書くスペースが小さくなってしまいますので、表書きは「○○課一同」などとして、全員の氏名は別の紙に書いて祝儀袋の中に入れておくと良いでしょう。


≫ 喜ばれる退職祝いプレゼントはこちら


posted by 退職祝い at 00:00 | 退職祝い品選びのマナー

退職記念品これはタブー!

退職記念品これはタブー!

これは退職祝いに限った話ではなく、「贈答品を贈る」ということは、今後も人間関係を円滑に送るようにするための素晴らしい習慣だと思います。

贈答品を贈りコミュニケーションをとることが生まれるのならばこれほど嬉しいことはありませんよね。

しかしマナーとして贈ってはならないタブーというものもあります。

参考までにご紹介しますね。


【ハンカチ】

ハンカチを漢字にすると「手巾(てぎれ)」となり、手切れ、つまり「縁を切る」ということに繋がるため、「もう会いたくない」という意味になるので贈り物としてはタブーとされています。

でも単なる語呂合わせにすぎないので、好きな人には喜ばれる一品にもなりますが。


【日本茶】

日本茶はよく香典返しなどの弔事に使われることが多い品物。

したがって「お祝い」の贈り物としては通常不適切とされているようです。

ただ、オシャレな茶筒に入った日本茶など、一見弔事をイメージするようなものでなければ、お茶好きの人には喜ばれる品物になる可能性もあります。

相手をよく知った上で贈る事がいいと思いますが、避けたほうが無難です。


【櫛(くし)】

字から「苦」や「死」を連想させるため、縁起の悪い贈り物とされています。

また、櫛は歯が欠けることもあるので、避けたほうがいい品です。


≫ 喜ばれる退職祝いプレゼントはこちら


posted by 退職祝い at 00:00 | 退職祝い品選びのマナー

最近の退職記念品の傾向

最近の退職記念品の傾向

一般的に皆さんは定年退職の記念品にどのようなものを選んでいるのでしょうか?

そこで、定年退職の記念品ランキングについてのコメントを少しご紹介たいと思います。

2007年あたりは団塊の世代の方々の定年退職者が多いと思いますが、「旅行」というのがひとつのキーワードになっているようです。

ランキング1位「旅行券」に始まり、7位が「デジカメ」、12位が「旅行カバン」など、旅行に関する品が3つも入っています。

その他、「ゴルフ用品」、「絵画」や「万年筆」など、もらう側の趣味に合わせた品物を贈っているパターンも多くあるようで、「自分の趣味を知っていてくれたという心遣いが嬉しかった」ということのようでした。

もらった側の気持ちからすれば、「贈られた物自体が嬉しい」というより、「自分の好きなものを知っていてくれたんだ」という気持ちが喜びとして現れているということを再認識させられるようなランキングの結果になったと思います。

職場で渡す場合は「商品券」が多かったようです。

それほど深いお付き合いの無い取引先などの方には、お花を贈ったりもしていました。

少し改まった感じの送別会などが行われる場合は、ちょっとステキな台紙の電報を送ったりもしたこともありますね。

贈る立場と贈られる立場の意見が合う記念品は、やはり「金券」と「お花」でしょうか?


≫ 喜ばれる退職祝いプレゼントはこちら


posted by 退職祝い at 09:00 | 退職祝い品選びのマナー

定年退職の記念品の選び方

定年退職の記念品の選び方

長年勤めていた会社を定年退職される方へ、労をねぎらう意味で今までの感謝の気持ちをぜひ伝えていきたいものです。

定年退職=第2の人生のスタートと捉えて新たな門出を祝う意味で何かステキな記念品を贈りたいですね。

そこで、「記念品の選び方」をご紹介したいと思います。

通常はその職場の同僚達が合同でお餞別と一緒に贈ります。

記念品などの品物は退職後の生活を楽しんでもらうという意味で、定年退職される方本人の趣味に合ったものを贈ると喜ばれると思います。

また、趣味が分からなければ在職中の業績をまとめたような手作りのアルバムや寄せ書きなどでもいいかもしれませんね。

また、お花(花束)を贈るのも一般的とされています。

また、記念品を贈る時期は、送別会を退職する少し前位に開いてその場でお渡しするのがよいでしょう。

当日何かと慌しい中、荷物でかさばらせないでいいかもしれません。

金額も品物の場合は5,000円〜10,000円円程度が目安かと思います。

内容も趣味の品(釣り用品、登山用具、ゴルフボール等)をはじめ、鞄、ネクタイなどの身の回りの品物が使ってもらえるのでオススメです。

また、定年退職される方が目上の場合で、個人で贈る場合「現金」を贈るのはあまりよくないと思います。

グループでまとまってというのであれば問題ないと思いますが。。。


≫ 喜ばれる退職祝いプレゼントはこちら


posted by 退職祝い at 09:00 | 退職祝い品選びのマナー

定年退職時のお祝いのマナー

定年退職時のお祝いのマナー

定年退職というのは、退職される本人にとっては本当に感慨深いものだと思います。

今までの苦労や思い出を思い出してかみしめていることでしょう。

定年退職される方へ記念品やお祝い品を贈るときは、長年勤続されてきた事へのねぎらいの気持ちと、感謝の気持ち、また第二の人生へ踏み出すための成功の念を心から祈って贈りましょう。


定年退職のお祝いをする際は、会社では職場単位で計画したほうが良いでしょう。

特にお世話になった人に対しては個人的にお祝いしても良い思います。

また、お祝いを贈る時期は、退職の前後あたりが良いでしょう。

あまり遅すぎたり早すぎたりしても、間が抜けてしまい後味が悪かったりするかもしれませんので、前後1週間ほどがお勧めです。

記念品の金額の目安ですが、10,000円前後が妥当かと思います。

多すぎると相手に敬遠されますし、少なすぎてもよくありませんので、妥当金額は把握しておいたほうがいいかと思います。


数十年間、家族のために仕事だけ一生懸命やってきた人が定年退職すると、気力がなくなる方もいますが、その気力を失うことなく、新たな人生の目標をきちんと持って頑張ってもらえるよう、家族のサポートもとても大切です。

本人に職場全体からのお祝いや送別会なども大事だと思いますが、家族からの感謝の気持ちを込めた、ねぎらいの言葉をもらうのも大切だと思います。


≫ 喜ばれる退職祝いプレゼントはこちら


posted by 退職祝い at 10:33 | 退職祝い品選びのマナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。